腰痛対策マットレス最前線!!

腰痛に効果がある高反発マットレスの特徴をランキング形式でまとめています!!

未分類

イオンのドルミールは保証が不十分?不満の正体を調査!!

投稿日:

Pocket

イオンに行くと、家具売り場の一角に寝具売り場があると思います。その中でも値段や特徴は様々。何も考えずに行くと、何も分からないまま買ってしまうことも…。

そんなイオンが一押ししている寝具が、イタリア生まれのドルミール。値段も周囲と比較して高めですが、熟睡できそうなオーラがしています♪

そんなドルミールですが、保証に納得がいかない!!という口コミも見つけたので、理由を調査してみました。

まず初めに…ドルミールの特徴を押さえよう

ドルミールの保証について紹介する前に、ドルミールの特徴を紹介します。しっかり特徴を押さえておかないと、どこがポイントかもわからないですしね…

ドルミールはイタリアの寝具メーカーが製造しているマットレスで、高反発素材の「エリオセル」を使っています。このエリオセル。どのような素材なのかはいまいち分からないのですが、体全体をしっかり支え、風通しも良いことから、ウレタン系の素材だと思います。(ウレタンに似た特徴が多いです)

また、マットレスの重さの原因となる鉄製のスプリングを使わず、エリオセルだけで体を支えるため、重量も軽く、女性でも軽々持ち運べます。

届く時の状態ですが、真空ロールパッケージでかなりコンパクトに運ばれてきます。開封時に不安になってしまいますが…しばらく置いておくと元のサイズに戻るので安心です。

最後に、ドルミールにも色々種類があって(1本モノ、3つ折り仕様など…)その種類によって保証期間が最大12年まであるのです!!

しっかり保証してもらえると思いきや…保証がおりる要求が高い??

長期間保証があり安心かと思いきや…思ったより悪い口コミも多かったので、その理由を調べてみました。

その理由ですが、少し気になるダメージがあった程度では交換・返品に応じてくれないようです。

多少ヘタリ感を感じたところで連絡しても、見た目が変わっていないということで、交換に応じてくれなかったということが殆ど。

使い心地がヘタった段階で放置しておくと、腰痛や肩コリの原因になってしまうので、その時点で諦めて新しいマットレスを買うようにしましょう。

気候のせい?素材のせい??寿命はちょっと短め…

先ほど保証の要求レベルが高く、中々返品や交換に応じてくれないという話をしました。

そのため、保証期間が切れる前に、寝心地が悪化して交換してしまうことが多いようです。

その理由の一つが、カビが生えやすいということ。

イタリアと日本の気候バランスが違うせいでしょうか…?芯材に使っているエリオセルがカビてしまったという口コミをよく見かけます。

元々日本は湿度が高いので、まめなメンテナンスをしないと、すぐにカビてしまうのですが、カビ易いという面でもマイナスですね。

さらに、スプリングを使っていないためか、外見はヘタったように見えなくても、腰やお尻の部分がヘタって、沈み込みやすくなるのが早いです。

その点も含めて、本当にドルミールが良いのか、考えてみましょう。

ドルミールを長持ちさせるにはどうすれば…お手入れの基本を紹介します!!

ちゃんとメンテナンスをしないとすぐカビてしまうドルミール。ここからは、お手入れの基本を紹介します!!

ちなみにこの方法は、他の布団にも応用できるので、今持っている布団でもやってみましょう!!

一番良いのは陰干し。シーツ交換するときは必ずやろう

湿気対策の王道で一番効果的なのが、底面にたまった湿気を逃がしてやること。その方法が陰干しです。風が布団によく当たるようにして陰干しすれば、湿気が逃げていきます。

ただ、重いと感じる場合は…そばにある壁に立て掛けておくだけでもかなり効果があります。頻度はシーツを交換するときに一緒にやる位がちょうど良いです。

この時に注意したいのが、天日干しはNGなこと。日差しの紫外線はエリオセルの劣化を早めてしまうので、長持ちさせたいのなら、陰干しをしましょう♪

そんなに布団を動かしたくない人向けに、除湿シートやスノコがオススメです

ドルミールを動かしたくない…もっとお手入れ回数を減らしても長持ちする方法はないの?とは思いませんか?

そんなあなたにオススメなのが、除湿シートやスノコを下に敷くこと。

これは、他の敷布団を長持ちさせるのにも効果的ですが、溜まりやすい底面の湿気を逃がします。また、除湿シートの中にはシート自体を干せば何度でも使えるというものもあるので経済的♪

除湿シート自体は薄くて持ち運びもしやすいので、干す負担も少ないです。

湿気が多いとヘタったと感じて、睡眠の質が下がり、寿命が短くなってしまうので、湿気対策はしっかりとするようにしましょう!

バランス良く使って長持ちさせるため、布団の上下をひっくり返そう

もう一つ長持ちさせる方法で知られてないものが…それは布団の上下をひっくり返すこと。

これは、体の頭側と足側で体重のかかり方が違うので、上下をひっくり返すことでバランス良く使っていくことを考えた方法です(車でいうとタイヤローテーションと同じイメージです)。

これもはっきりとした頻度の決まりは無いのですが、布団を陰干しするためにマットレスを動かすタイミングで行うのがやりやすいと思います!!

まとめ

今回はドルミールの保証について紹介してきました。

他にも、リバーシブル構造で、一年中快適に過ごせる雲のやすらぎプレミアムもオススメですので、比べてみましょう♪

この記事があなたの快眠生活に繋がれば嬉しいです!!

⇒【雲のやすらぎプレミアム】公式サイト

-未分類
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

寝坊の原因はストレス?早めにそのサインを見つけよう

夜、中々寝付けずに寝坊する。夜中起きて寝れなくなり、気づいたら出かける時刻になっていた… そんな悩みはありませんか?寝坊の原因として多いのは、生活習慣の乱れですが、さかのぼってみるとストレスが原因かも …

年齢で睡眠時間が変わる?睡眠が悪くなって悩んでいる人に…

朝スッキリ起きられない。眠くて日中が辛い…そんな悩みを抱えていませんか? 特に、昔ほど睡眠時間が短くなっていることに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?? 実は、その悩みはアナタだけのものではあり …

寝苦しい夏の夜に快眠を、お役立ち睡眠グッズ5選!!

真夏の暑い時期は暑さで睡眠が浅くなり、寝不足になりがちな人も多いのでは? ちゃんとした睡眠がとれていないと、眠気で注意力が散漫になったり、夏バテの原因になったりと問題を引き起こしてしまいます。 酷い場 …

マットレスはどう処分すれば良いの?気になる方法を紹介♪

マットレスが古くなって、新しいマットレスに変えようと思う。長い人生を生きているとそんなことが何度かあると思います。 マットレスの寿命は長くても10年程度なので、前どう処分したか忘れてしまうことも… そ …

エアリーのカバーにカビが(-_-;)そうならない対策を紹介!!

寝具を始めとして、多くの家具を取り扱っているアイリスオーヤマ。その中でエアリーはマットレス以外に、ソファーとしても使えると評判です。 ただ、調べてみるとカバーにカビが…という話をよく見たので、カビの発 …