腰痛対策マットレス最前線!!

腰痛に効果がある高反発マットレスの特徴をランキング形式でまとめています!!

未分類

健康に忍び寄る睡眠負債…あなたは溜めていませんか?

投稿日:

Pocket

ちょっと睡眠不足だな…そんなことが慢性的にありませんか?そんな睡眠不足の蓄積が「睡眠負債」。昼間の疲れや眠気、果ては慢性疾患に繋がる恐ろしいものです。

NHKで放送され、話題になった「睡眠負債」。すぐに影響が分からない分危険度が高いです。

アナタは知らない内に睡眠負債を溜めていませんか?今回は睡眠負債が溜まっていないかチェックするポイントを紹介します(^^♪

ちょっとした睡眠不足が蓄積し、昼間に疲れや眠気が残っていませんか?

まずは睡眠負債が溜まっていないかチェックしよう!!

睡眠負債と名前は怖そうだけれど、実際どんなモノなの?実際のところを詳しく知らない人も多いと思います。

特にこれから紹介するチェックリストに3つ以上当てはまる人はこの後をしっかり読んでください!!

  • 電車でよくうたた寝をする
  • ベッドに入ると、すぐに眠りに落ちる
  • 寝ている間、いびきをかいている
  • 朝は目覚まし時計で起きている
  • パジャマが寝汗でびっしょりになっている
  • 起きてから4時間後に眠気を感じる
  • 休みの日は昼まで寝ている
  • 最近、よく風邪をひく
  • ケアレスミスが多い
  • やる気が出ない

特にケアレスミスが多くなったり、やる気が出ないことは、仕事の生産性にも繋がります。

さらに、睡眠負債が原因で、生活習慣が乱れ、高血圧や糖尿病、認知症などの慢性疾患に発展することもあるのです…

現代人は常に睡眠不足気味…その理由とは??

実は、現代社会は睡眠負債が溜まりやすい構造になっているのです。

仕事のストレスやスマホやパソコンに集中する時間が長くなり、ブルーライトを浴びやすい環境になっているため、自律神経が休まりにくくなっています。

特に、寝る直前までスマホをいじっていることにより、本来必要だった「寝る前の準備」不十分となり、睡眠負債が溜まりやすくなっているのです。

実は、ここ50年で睡眠時間は約1時間減少しています。ただでさえ睡眠時間が短いのに、自律神経が休まりにくい生活をしていたら、負債が溜まりやすいことも納得できませんか?

睡眠負債を溜めないために…疲れを取るためのポイントを押さえよう

ここまで、睡眠負債が溜まりやすい現代社会の特徴を紹介してきました。

ただ大事なのが、「睡眠負債を溜めないためにどうするのか?」ということ。ここからはそのポイントを紹介します!!

  • 夏は夜通しエアコンをつけて寝る
  • 太陽の光で目覚める
  • ベッドにスマホは持ち込まない
  • 鶏のむね肉を1日100g食べる
  • パートナーとは別々のベッドで寝る

特に夏は夜通しエアコンをつけるのは意外に思うかもしれません。ただ、汗をかくことが自律神経を消耗させることになってしまうのです。熱い部屋で寝ることで熱中症になるリスクもUPするので、我慢せずにエアコンを活用しましょう(^^♪

そして、寝る前の至近距離で明るい光を浴びるのもNGです。特に横になりながらスマホをいじっていると、中々眠れない体質になってしまうので、ベットに入ったらスマホは触らないようにしましょう。

即効性あり!!ちょっとした工夫で睡眠の質をUPさせよう!!

さて、他にもちょっとした工夫で睡眠の質をUPさせることができます。

  • 毎日1時間多く寝る
  • 日中-夜でメリハリをつける
  • 15~20分程度昼寝をする

といった工夫が睡眠の質改善に繋がります。特に休む時間と活動する時間をしっかり分けることは、ストレスを溜めない生活習慣につながるので、精神衛生上も有効です。

安眠のために(^^♪ストレスを溜めないための対策は??

仕事などで日中に溜まるストレス。疲れを翌日に持ち越さないためにも、ストレスを上手く解消することも睡眠の質をUPさせるには大事です。ここではその方法を紹介。

一番大事なのは、ゆっくり体を温めること

ストレスを解消し、自律神経を整えるのに大事なのは、ゆっくりと体を温めること。

その方法は…

  • ぬるめの湯にぬっくり入浴
  • 暖かい飲み物を飲む
  • ストレッチを行う

といったこと。

ここでのポイントは「ゆっくり」。体を温めるのが大事とはいえ、熱い風呂に入ったり、全力のトレーニングをしたりすると、交感神経が活発になり、逆に眠れなくなってしまいます…

仕事直後は良いのかもしれませんが、寝る2~3時間前になったら、「ゆっくり」を意識して体を温めていきましょう。

睡眠環境の改善が質の改善に

先ほどは、寝る前にすることを紹介してきましたが、そもそも寝る場所の環境が悪かったら話になりません。

  • 寝る前に部屋を暗くする
  • テレビなどの電気製品を点けたまま寝ない

といった周囲の環境が睡眠の質に大きく影響します。今まで、明るい環境で寝るなどしていた場合は、少し暗い環境で寝るようにしましょう。

他にも寝具にこだわるという手もあります。それは…

これで最高の眠りを…モットンを紹介!!

朝起きた時に体の一部が痛い…といったことはありませんか?特に首回りや腰回りに痛みがある場合は、寝具が体にあってない可能性が大。

そんなアナタにはオススメなのがモットンです!!

モットンは多くの人を腰痛による睡眠不足から救ってきたマットレスで、体にフィットしやすい柔らかさになっています。それが体への負担を最小にしているのです!

特に、90日間の返金保証がついていて、万が一体に合わなかった時でも安心♪寝具に不安を感じている人は是非試してみてください!!

まとめ

今回は、睡眠負債についてと睡眠負債を溜めないための方法を紹介してきました。

特に、モットンは睡眠の質を高め、睡眠負債を溜めないようにするのに最高のアイテムなので、オススメ!

この記事があなたの快眠生活に繋がれば嬉しいです!!

⇒【モットン】で最高の睡眠環境を!!

-未分類
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テンピュールはどの位使用できるの?その寿命とは??

テンピュールは日本で顧客満足度1位を獲得したこともあるマットレスで、数々のバリエーションがあります。 中にはアウトレットモールやショッピングモールで店舗を見かけて、名前だけなら知っているという人もいる …

年齢で睡眠時間が変わる?年齢別、理想の睡眠時間とは?

歳をとって睡眠時間が短くなった。朝早い時間に目が覚めてしまう…そんな悩みを抱えていませんか? 環境の変化が原因かもしれませんが、加齢や季節によって睡眠時間は変わるのです。 今回は、年齢と季節が睡眠時間 …

最近話題の人類進化ベッド、気になる価格は?

皆さんは人類進化ベッドを知っていますか?一時期TVでたくさん取り上げられたので、知っている人もいると思います。 人類進化ベッドという名前から仰々しい感じがしますが、チンパンジーの生態の研究から作られた …

今話題の昼寝カフェ、その中身は??

一昔前はサボりの代名詞だった昼寝。 しかし最近になり、適度な昼寝は日中の活動を活発にするのに役立つことが分かってきました。 NASAなどで研究が行われ、昼寝時間を設ける企業や学校も出てきています。 そ …

寝苦しい夏の夜に快眠を、お役立ち睡眠グッズ5選!!

真夏の暑い時期は暑さで睡眠が浅くなり、寝不足になりがちな人も多いのでは? ちゃんとした睡眠がとれていないと、眠気で注意力が散漫になったり、夏バテの原因になったりと問題を引き起こしてしまいます。 酷い場 …