腰痛対策マットレス最前線!!

腰痛に効果がある高反発マットレスの特徴をランキング形式でまとめています!!

未分類

夜起きたことを覚えていないことはありませんか?その症状を紹介します!

投稿日:

Pocket

アナタは夜起きたことを覚えていない…といったことはありませんか?

他の人に指摘されても全く覚えが無い…それは本当に大丈夫なの??

今回は、そんな不安に答えるため、なんでそんなことが起きるのかを紹介します。

小さい頃の寝ぼけは治る?それはどんな症状なの??

睡眠中に発生する望ましくない現象や行動のことを寝ぼけ(睡眠随伴症)といいます。

覚醒時錯乱、睡眠遊行(夢遊病)、夜驚症が主な症状らしいのですが、専門用語ばかりでよくわかりませんね(-_-;)

なので、もう少し分かりやすく特徴を紹介します。

  • 睡眠前半の深い睡眠中に急に覚醒した時に起こる
  • 目覚めが不完全で意識が鮮明でない。そのため、本人は何をしたか覚えてない
  • 子供(5~12才頃)に多く、成長するにつれ改善・消失する傾向がある

こんな症状が見られます。人によって、どんな動きをするかは違ってきますが、「アルプスの少女ハイジ」を見たことがある人は、ハイジが夢遊病にかかっていた時のことを思い出すと、イメージしやすいです。

睡眠のステージで症状が変わる?その特徴は?

睡眠には、レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)の2つに分けられます。そんな睡眠のステージによっても、症状が異なってくるようです。

ノンレム睡眠(深い眠り)中に起きる症状は?

ノンレム睡眠は脳も含め、体全体が休んでいる状態です。そんなタイミングで反射的に目覚めたとしても、脳はほとんど覚醒しておらず、本人に記憶が無いことがほとんどなのです。

この症状は体が一種のバグを起こした状態で、5~12才程度の小児に多いです。成長するにつれて、このバグが修正されていき、自然と症状が消えることが多いです。

レム睡眠(浅い眠り)中に起きる症状は?

レム睡眠は体が休んでいても、脳は活動を続けている状態です。夢を見るのも、このタイミングになります。

症状は、睡眠中に突然起き上がり、大きな声で騒いだり、暴れまわるといったもの。中年期-老年期に多く、夢の内容に近い行動をとっており、その夢の内容を覚えている場合もあります。(ただ、実際に体が動いていたことは認識していないようです)

原因はいろいろとありますが、強いストレスがかかると症状が出やすいようです。

病院に行く前に、ちょっと試してみたいこと

このような症状が出た時は、早めに病院に行って相談することが大事です。ただ、自覚もないし病院にいくのはちょっと…というあなたに、安眠のためにちょっと試して欲しいことを紹介します。もしかしたら、この方法で症状が改善するかもしれません(^^♪

昼間眠くなってしまう…といった症状が緩和されることが多いので、一度試してみましょう♪

寝る前のクールダウンも重要、良質な睡眠を確保するために…

睡眠には、寝る時だけが大事だと思っていませんか?

実は、睡眠は寝ている時間だけでなく、寝る前の活動も大事。

負荷が高い運動を急にやめてしまうと、体を痛めてしまうため、クールダウンが必要ですよね?

睡眠についても同じことが言え、仕事後の緊張を数時間かけて緩め、副交感神経を優位にさせていくことが大事です。

その方法は…

一番大事なのは、ゆっくり体を温めること

副交感神経を優位にして、しっかりと休めるようにするには、ゆっくりと体を温めることがポイントです。

方法は、

  • ぬるめの湯にぬっくり入浴
  • 暖かい飲み物を飲む
  • ストレッチを行う

といったこと。

ここでのポイントは「ゆっくり」。体を温めるのが大事とはいえ、寝る直前に熱い風呂に入ったり、全力のトレーニングをしたりすると、交感神経が活発になり、逆に眠れなくなってしまいます…

仕事直後は良いのかもしれませんが、寝る2~3時間前になったら、「ゆっくり」を意識して体を温め、クールダウンしていきましょう。

これで最高の眠りを…モットンを紹介!!

ここまで、睡眠障害について紹介してきました。ただ、その原因は寝具などの睡眠環境にあるかもしれません。

例えば、朝起きた時に体の一部が痛い…といったことはありませんか?特に首回りや腰回りに痛みがある…そんな場合は、寝具が体にあってない可能性が大。

実はそれが原因で睡眠不足や寝ぼけといった行動につながっていることもあるのです。

そんなアナタにはオススメなのがモットン!!

特に、90日間の返金保証がついていて、万が一体に合わなかった時でも安心♪寝具に不安を感じている人は是非試してみてください!!

⇒【モットン】で最高の睡眠環境を!!

まとめ

今回は夜起きても覚えていない…そんな症状について紹介してきました。気になる時は我慢せずに、早めに病院にいって、症状を確認してもらってください。

他にも今回オススメしたモットンは、睡眠の質を高め、睡眠不足の予防に最高のアイテムです!ぜひ一度確認してください。

この記事があなたの快眠生活に繋がれば嬉しいです!!

-未分類
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

寝苦しい夏の夜に快眠を、お役立ち睡眠グッズ5選!!

真夏の暑い時期は暑さで睡眠が浅くなり、寝不足になりがちな人も多いのでは? ちゃんとした睡眠がとれていないと、眠気で注意力が散漫になったり、夏バテの原因になったりと問題を引き起こしてしまいます。 酷い場 …

今話題の昼寝カフェ、その中身は??

一昔前はサボりの代名詞だった昼寝。 しかし最近になり、適度な昼寝は日中の活動を活発にするのに役立つことが分かってきました。 NASAなどで研究が行われ、昼寝時間を設ける企業や学校も出てきています。 そ …

睡眠薬にも種類がある。不眠なのに拒否感を持っていませんか?

寝つきが悪い。夜中に目が覚める。眠りが浅く、昼間眠くなってしまう… そんな悩みを抱えていませんか?それなのに、どうすれば良いのか分からない…睡眠薬と聞いて危険な感じがする…といったことはありませんか? …

健康影響大!!睡眠不足が及ぼす影響は?

睡眠時間が足らない。朝起きたときに疲れが取れない。昼間に眠気に襲われる…そんな悩みを抱えていませんか? そんな睡眠不足に関する悩み。生産性も悪くなり、重大なミスをする可能性も増加するので、注意が必要で …

健康に忍び寄る睡眠負債…あなたは溜めていませんか?

ちょっと睡眠不足だな…そんなことが慢性的にありませんか?そんな睡眠不足の蓄積が「睡眠負債」。昼間の疲れや眠気、果ては慢性疾患に繋がる恐ろしいものです。 NHKで放送され、話題になった「睡眠負債」。すぐ …