腰痛対策マットレス最前線!!

腰痛に効果がある高反発マットレスの特徴をランキング形式でまとめています!!

未分類

昼寝のあとに頭痛が…そんな時にどうすれば?治し方は??

投稿日:

Pocket

昼寝をしたあとに頭痛がする。特に長く寝てしまった時に多くて、何もやる気がおきない…そんな体験をしたことはありませんか?

寝たあとに発生する頭痛は、自立神経の乱れが原因となっていることが多いです。

普段の習慣を気を付けるだけでもかなりの効果があるので、試してみては??

今回はそんな頭痛の特徴と治し方(対策)を紹介していきます(^^♪

まず最初に、頭痛の種類とは??

片頭痛など、頭痛に悩まされている人は多いと思いますが、頭痛にも種類があることを知っていますか?ここではそんな頭痛の種類を紹介します。

頭痛ですが、頭の太い血管や骨を守る骨膜や、頭皮、頭の筋肉、脳神経といった頭の組織が圧迫されたり、炎症を起こすことで発生します(定義が幅広くてよくわかりませんね(-_-;))

病気が無いのにも関わらず繰り返し発生する頭痛を「一次性頭痛」。命の危険がある、くも膜下出血や脳腫瘍が原因の頭痛を「二次性頭痛」と言います。

ちなみに、二日酔いなどの一時的な頭痛はこの中には当てはまらないです。

皆さんが悩むのは「一次性頭痛」だと思います。

睡眠が原因で発生する頭痛の特徴は?

頭痛の中には、肩こりなどが原因で神経が圧迫されて発生するものもあります。ただ、ここでは睡眠が原因で発生する頭痛について紹介します。

例えば、休日や、月曜などに決まって頭痛を感じるといったことはありませんか?

その場合は自律神経の乱れが頭痛の原因です。

例えば、平日の睡眠時間は6~7時間なのに、休日は時間があるからといって、9時間とか、10時間以上とか眠っていないでしょうか?

日によって睡眠時間や寝起きする時間が変わってしまうと、生活のリズムが乱れ、自律神経が乱れやすいのです。

そうなると、脳の血管の拡張-収縮といったリズムが乱れ、頭痛を引き起こしやすくなってしまうのです。

この時の対策は、休日でも平日に近いリズムで(長く寝ても60~90分程度)生活することです。そうすれば、生活のリズムが乱れずに自律神経も安定して、頭痛が消えていくでしょう。

昼寝をすると頭痛がする…昼寝の方法が間違っていませんか??

ここまで、睡眠が原因で発生する頭痛について紹介してきました。

ただ、普段の睡眠は問題ないのに、昼寝をすると頭痛がするといったことはありませんか?

そんな場合は、昼寝の仕方が間違っているのかもしれません。

正しい昼寝をしないと、夜の睡眠に悪影響を及ぼすので、良いことなしです…その一方で「適切」に昼寝をとれば、昼から夕方にかけての活動も集中でき、生活の効率もUPします!

そんな昼寝のポイントとは…

  • 昼過ぎから14時までに
  • 30分以内の睡眠

をとることです。

昼過ぎは、朝5時ごろに次いで最も眠くなる時間帯です。そして、30分以内だと、深い睡眠に入ることがないので、起きたときの倦怠感やボーッとした感じが殆どなく、すぐに活動することができます。

倦怠感などとともに頭の痛みを感じることが多いので、これを意識するでけでもかなりの効果があります♪

逆に、14時以降や30分以上の昼寝は、夜の睡眠に影響を及ぼし寝つきを悪くしてしまいます…(そして、頭痛の原因になるのです!)

ただ、睡眠不足を昼寝で解消したいのなら、90分程度の昼寝が効果的です。ただ注意点が…それは、起きてから夜までの間に、しっかりと活動して体を疲れさせること(そうしないと、寝つきが悪くなり、睡眠不足が悪化してしまいます…)

この点に注意して適切な昼寝をして、頭痛の発生を抑制しましょう♪

昼寝は大事とはいえ、夜の睡眠が一番大事。効果的に眠るには??

適切な睡眠を取ることが頭痛対策には最も効果的。とはいえ、寝つきが悪い…といった悩みを抱えていませんか?

ここからは、しっかり体を休めるためのポイントを紹介します(^^♪

一番大事なのは、ゆっくり体を温めること

睡眠と体温は密接にかかわっています。

体温が下がる時は眠りに付きやすく、体温が上がる時は覚醒しやすいです。

例えば、就寝前に少しだけ(0.5~1.0℃)体温を上げてから、下がってくる時刻に寝ると、寝つきが良くなります。

その方法は…

  • ぬるめの湯にぬっくり入浴
  • 暖かい飲み物を飲む
  • ストレッチを行う

といったもの。

特に、ストレッチのような軽い運動の方が効果的(^^♪

ここでのポイントは「ゆっくり」。体を温めるのが大事とはいえ、寝る直前に熱い風呂に入ったり、全力のトレーニングをしたりすると、交感神経が活発になり、逆に眠れなくなってしまいます…

仕事直後は良いのかもしれませんが、寝る時間が近づいたら、「ゆっくり」を意識して体を温め、副交感神経が優位な状態に変えていきましょう。

これで最高の眠りを…雲のやすらぎプレミアムを紹介!!

朝起きた時に体の一部が痛い…といったことはありませんか?特に首回りや腰回りに痛みがある場合は、寝具が体にあってない可能性大!!

実はそれが原因で夜にしっかり眠れず、睡眠不足になっていることも多いです。

そんなアナタへのオススメが雲のやすらぎプレミアム!!

雲のやすらぎプレミアムは多くの人を腰痛による睡眠不足から救ってきたマットレスです。体にフィットしやすい柔らかさ。それが体への負担を最小にしているのです!

また、リバーシブル構造で春夏用の面と、秋冬用の面があるので、一年中快適に過ごせます!!

更に、100日間の返金保証がついていて、万が一体に合わなかった時でも安心♪寝具に不安を感じている人は是非試してみてください!!

まとめ

今回は、昼寝など、睡眠が原因で発生する頭痛の原因とその対策を紹介してきました。効果的な睡眠で、効率的に休息を取り、活力のある日々を送りましょう!!

特に、雲のやすらぎプレミアムは睡眠の質を高め、体をしっかり休めるのに最高のアイテムなので、オススメ!

この記事があなたの快眠生活に繋がれば嬉しいです!!

⇒【雲のやすらぎプレミアム】を確認!!

-未分類
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニトリのマットレストッパーは臭いがキツイ?原因と対策を紹介!!

いろいろな家具をお手頃な値段で買うことが出来るニトリ。マットレスも安い商品から高級品まで幅広く販売しています。 そんなマットレスの上に敷いて体に直接あたるのがマットレストッパー(敷布団と同じイメージで …

昼寝は日中の活動に重要?知られざる効果とは??

昔は、昼寝といえばサボりの代名詞みたいなものでした。 ただ、最近になって、適度な昼寝は日中の活動をより高めるため、必須のものだということが判明してきました。 そのことはグーグルなどの最先端企業が取り入 …

年齢で睡眠時間が変わる?睡眠が悪くなって悩んでいる人に…

朝スッキリ起きられない。眠くて日中が辛い…そんな悩みを抱えていませんか? 特に、昔ほど睡眠時間が短くなっていることに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?? 実は、その悩みはアナタだけのものではあり …

万病のもと…危険な睡眠障害とは?

夜中に目が覚める。眠りが浅く、昼間眠くなってしまう… そんな悩みを抱えていませんか?それは睡眠障害かも… 睡眠障害を放置しておくと、うつ病や他の生活習慣病の原因になってしまうので、軽く考えてはいけませ …

年齢で睡眠時間が変わる?年齢別、理想の睡眠時間とは?

歳をとって睡眠時間が短くなった。朝早い時間に目が覚めてしまう…そんな悩みを抱えていませんか? 環境の変化が原因かもしれませんが、加齢や季節によって睡眠時間は変わるのです。 今回は、年齢と季節が睡眠時間 …