腰痛対策マットレス最前線!!

腰痛に効果がある高反発マットレスの特徴をランキング形式でまとめています!!

未分類

あなたの症状、睡眠障害では?厚生労働省も鳴らす警鐘

投稿日:

Pocket

最近、夜中に目が覚める。眠りが浅く、昼間に眠くなってしまう…といった悩みを抱えていませんか?

日常生活に支障が出るようになったら大問題。それは睡眠障害かも…

睡眠障害は万病の元で、うつ病や生活習慣病といった慢性疾患の原因になってしまうことも…

といっても、睡眠障害の特徴って何?と分からない部分が多いです。ここでは、そんな睡眠障害について紹介していきます。

睡眠障害にはどんな特徴があるの??

睡眠障害って、響きが何となく怖いですよね…実際にどんな状態なのか?普段の寝不足とどう違うのかいまいち分からない部分も多いです。

そんな睡眠障害ですが、大きく分けると①不眠と②過眠の2つです。ここからその2つについて紹介していきますね♪

睡眠の不快感の原因…不眠とは?

不眠の範囲は幅広く、

  • 寝つきの悪さ
  • 夜中起きてしまい、それ以上寝られない
  • 朝早く目覚めてしまう
  • 熟睡できない

といった症状が特徴

寝つきが悪い症状は「入眠障害」。最近はスマホの普及で、寝る直前まで画面を見ている人が増えた結果、この症状を抱えている人が増えているらしいです。

何度も目が覚める症状が「中途覚醒」。これは、熟睡感を大きく下げてしまうので、日中眠いという症状が併発することも…

早く目覚めるのが「早期覚醒」。夏場で朝早く日がでて目覚めるだけで、日中は眠くない場合はこれには当てはまりません。この症状は、季節に関わりなく早い時間に起きてしまう特徴があります。

そして、時間の割に熟睡感を得られないのが「熟眠障害」です。

ただ、そんな症状だけでなく、集中力の低下や判断力の低下などが起きて日常生活に支障をきたす場合に、不眠症と判断されます。

日中眠い…それが過眠

日中眠い…そんな症状はありませんか?一般的に不眠症と言われるのは、

不眠⇒日常生活に支障をきたす(過眠)

といったステップを踏むことが多いです。

他にも、まだ気づいていない病気の兆候で過眠の症状がでることがあります。

まれに、夜に十分寝ているはずなのに日中眠くなる…といった症状だけが発生する場合も。

症状は人それぞれなので、ちょっと睡眠不足が続く…。その他に睡眠で不安を感じるときは、無理をせず早めに病院にいった方が吉です。

一番怖いのは、無理をして他の病気を併発してしまうこと…

そうなると、お金も時間もかなりかかってしまうので、早め早めに対応をしましょう(^^♪

睡眠障害にならないために…普段の生活のポイントは?

一度睡眠障害になってしまうと、中々寝られずに負のスパイラルに入ってしまうことも…

そんなことにならないよう、厚生労働省や他の団体が生活のポイントを紹介している内容をチェックしましょう。

睡眠障害にならないため、普段押さえておきたいポイントは…

  • 睡眠時間は人それぞれ、日中の眠気で困らなければ十分
  • 刺激物を避け、眠る前には自分なりのリラックス法
  • 眠たくなってから床に就く、就床時刻にこだわりすぎない
  • 同じ時刻に毎日起床
  • 光の利用でよい睡眠
  • 規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣
  • 昼寝をするなら、15時前の20~30分
  • 眠りが浅いときは、むしろ積極的に遅寝・早起きに
  • 睡眠中の激しいイビキ・呼吸停止や足のぴくつき・むずむず感は要注意
  • 十分眠っても日中の眠気が強い時は専門医に
  • 睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと
  • 睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全

いかがでしたでしょうか?

特に意外なのが、就寝時刻はこだわらず、眠くなったら寝るという点かもしれません。

特に朝が早い人などは早い時間帯に眠りたいと思うかもしれませんが、それが逆効果になってしまうことも多いのです。

朝しっかり起きられればOK、季節によって睡眠時間も変わってくるので、起きる時間だけは一緒にして、後はそこまで気にしない方が吉です。

そして、規則的な運動もポイントです。しっかり体を疲れさせることも良い睡眠には効果的です(^^♪

効果的に眠るため、寝る前の良習慣は??

ざっくりと普段の生活で意識するポイントを紹介してきました。

とはいえ、夜は中々眠れない…睡眠不足気味…といった悩みを抱える人も多いのは事実。ここからは、効果的に眠るため、私が意識している方法を紹介します(^^♪

一番大事なのは、ゆっくり体を温めること

普段は意識し辛いですが、睡眠と体温は密接に関わっています。

例えば、体温が下がる時は眠りに付きやすく、体温が上がる時は覚醒しやすいようになっています。

そんな体の特性を利用して、就寝前に少しだけ(0.5~1.0℃程度)体温を上げてから、体温が下がってくる時刻に寝ると、寝つきが良くなります。

その方法は…

  • ぬるめの湯にぬっくり入浴
  • 暖かい飲み物を飲む
  • ストレッチを行う

といったもの。

特に、ストレッチのような軽い運動の方が効果的です(^^♪

ここでのポイントは「ゆっくり」。体を温めるのが大事とはいえ、寝る直前に熱い風呂に入ったり、全力のトレーニングで体温を上げると、交感神経が活発になり、逆に眠れなくなってしまいます…

仕事直後は良いのかもしれませんが、寝る時間が近づいたら、「ゆっくり」を意識して体を温めましょう。

これで最高の眠りを…雲のやすらぎプレミアムを紹介!!

朝起きた時に体の一部が痛い…といったことはありませんか?特に首回りや腰回りに痛みがある場合は、寝具が体にあってない可能性大!!

実はそれが原因で夜にしっかり眠れず、睡眠障害になりかけている人もいるのです。

そんなアナタへのオススメが雲のやすらぎプレミアム!!

雲のやすらぎプレミアムは多くの人を腰痛による睡眠不足から救ってきたマットレス。

体にフィットしやすい適度な柔らかさが体への負担を最小に!

また、リバーシブル構造で春夏用の面と、秋冬用の面があり、一年中快適に過ごせます!!

更に、100日間の返金保証がついていて、万が一体に合わなかった時でも安心♪寝具に不安を感じている人は是非試してみてください!!

まとめ

今回は、効果的に睡眠を取るための習慣について紹介してきました。適切な休息で活力のある毎日を!!

特に、雲のやすらぎプレミアムは睡眠の質を高め、睡眠不足の予防には最高のアイテムなので、オススメ!

この記事があなたの快眠生活に繋がれば嬉しいです!!

⇒【雲のやすらぎプレミアム】を確認!!

-未分類
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夜起きたことを覚えていないことはありませんか?その症状を紹介します!

アナタは夜起きたことを覚えていない…といったことはありませんか? 他の人に指摘されても全く覚えが無い…それは本当に大丈夫なの?? 今回は、そんな不安に答えるため、なんでそんなことが起きるのかを紹介しま …

昼寝は日中の活動に重要?知られざる効果とは??

昔は、昼寝といえばサボりの代名詞みたいなものでした。 ただ、最近になって、適度な昼寝は日中の活動をより高めるため、必須のものだということが判明してきました。 そのことはグーグルなどの最先端企業が取り入 …

睡眠薬にも種類がある。不眠なのに拒否感を持っていませんか?

寝つきが悪い。夜中に目が覚める。眠りが浅く、昼間眠くなってしまう… そんな悩みを抱えていませんか?それなのに、どうすれば良いのか分からない…睡眠薬と聞いて危険な感じがする…といったことはありませんか? …

寝坊対策グッズを使うその前に!今の習慣を見直してみませんか?

わざと寝坊してやろうと思って寝坊している人はいないはずで、悩みを抱えている人が多いと思います。 学生ならまだ許されるかもしれませんが、社会人になってから何度も寝坊してしまうと、自己管理能力が無いという …

昼寝のあとに頭痛が…そんな時にどうすれば?治し方は??

昼寝をしたあとに頭痛がする。特に長く寝てしまった時に多くて、何もやる気がおきない…そんな体験をしたことはありませんか? 寝たあとに発生する頭痛は、自立神経の乱れが原因となっていることが多いです。 普段 …