腰痛対策マットレス最前線!!

腰痛に効果がある高反発マットレスの特徴をランキング形式でまとめています!!

お役立ち情報

睡眠不足は夏バテのもと?夏バテにならないための対策は??

投稿日:

Pocket

みなさんは夏バテで苦労したことはありませんか?

日本の夏は高温多湿なので、体に大きな負担がかかり体の働きが正常に機能しなくなって夏バテの症状が出てきます。

その症状を単純にいうと、自律神経の切り替えが上手くいかないことで、自律神経のバランスが崩れ、体温調節が上手くいかない、胃腸障害や睡眠障害などが発生することです。

夏バテを放っておくと、心筋梗塞や脳卒中や突然死、うつ病といった深刻な病気のリスクを高めることになります。

今回は、そんな怖い夏バテにならない方法を紹介していきます!!

なぜ夏バテになってしまうの??

まずは夏バテとはどんな特徴を持っているのかを確認していきましょう。単純な風邪だと勘違いしていると、間違った休み方でさらに体調が悪化する…なんてことに繋がりかねないので、注意して対応していきましょう♪

夏バテですが、医学的に明確な定義は定まっていないようです。一般的には夏場に疲労が蓄積した状態のことをいい、自律神経が正常に働かなくなる原因が暑さや寒暖差、紫外線といった夏場特有の環境にあるもののことを夏バテということが多いです。

現代社会は寒いぐらいにエアコンが効いた室内(20~25℃)と屋外(35~40℃)を盛んに出入りするなど、自然界ではありえない気温差にさらされるため、体が十分な対応をすることができず、自律神経が疲れてしまうのです。

寝たら回復する程度の疲労ならばまだ良いのですが、翌日に疲れが残るようだと、過酷すぎるということになります。

集中できない、やる気が出ないといったサインがでた場合は、素直に休むようにしましょう。

こんな症状がでたら危険、サインを見逃さず早く対応しよう

ここまで、夏バテの特徴を紹介してきましたが、夏バテにはいろいろなサインがあります。若い頃は大丈夫でも年を取ってくると対応しきれずにいきなり夏バテになる。

逆に若くても前年と環境が違うために夏バテになってしまう…いったこともあるので、油断せずに早くサインを見つけて対応するようにしていきましょう♪

そのサインとは…

  • やる気が出ず、飽きっぽくなる
  • 寝汗が止まらず、暑さで目が覚める
  • 寝つくためにお酒を飲んでしまう
  • エアコンの風を肌に当ててしまう
  • 外出する前に冷感スプレーを使う

エアコンの風を直接浴びたり、冷感スプレーを使うといったことは、その瞬間をみれば気持ちが良いのですが、体はそんな過剰な冷えに対応すべく体力を使ってしまいます。

短時間や適量ならば、まだ良いかもですが、何事もやりすぎないように注意していきましょう♪

夏バテにならないように、有効な対策は?

ここまでは夏バテのサインを紹介してきましたが、その対策はどうすればよいの?と疑問が湧いてきたので、対策もここで紹介していきます!!

  • 冷房温度をうまく調節する
  • 十分な睡眠をとる
  • バランスのよい食事を摂る
  • 冷たい飲み物や食べ物を控える
  • 適度な運動をする
  • 暑さの厳しい日中の外出を避ける
  • こまめな水分補給をする

項目はいろいろありますが、基本は①温度差があまり無いようにして、②バランス良く食事・休息をとるといったところです。

まめな水分補給ですが、汗をかくと塩分やミネラルが排出されてしまうので、単純に水を補給するだけではNGです。

水だけではなく、アクエリアスなどといったスポーツドリンクや生理食塩水といったものを摂取することがポイントです。

基本は睡眠、快適な睡眠環境を確保するために…

夏バテ対策でもっとも有効なのが睡眠。快適な睡眠環境を確保するため、エアコンや扇風機をいった道具を適切に使っていくことが大事です。

人が快適に眠れる布団の中の温度は33℃、湿度は60%位です。

ここで注意して欲しいのが、「布団の中」ということ。人の体温などで周囲よりも気温や湿度が高くなるので、周辺の気温がその程度だからOKとは考えないでください。

そんな快適な環境になるための室温は28℃前後。紹介者によっては26~28℃としている場合もありますが、ちょっとぬるい位の気温が最適です。

そして、もう一つのポイントは除湿機能を使うこと。夏場は湿度が高いことが眠れない要因の一つになっているので、除湿機能で適度な湿度をキープしましょう。

除湿機能は最新のエアコンにはついていることが多いですが、ついていない場合は、新しいエアコンを購入する。あるいは除湿機を買うことを検討してみては?

また、部屋の中の空気に流れを作ってくれる扇風機を使うのもオススメです。

その効果的な使い方は、直接「体にあてる」ではなく…

寝室の壁に当てて、クーラーと併用すること。

身体に直接当てないことで体が冷えすぎないようにして、更に壁に当てることで壁を冷やし、壁からの熱を和らげる効果があります。

身体に風が直接あたってしまうと、体が反応して眠りが浅くなってしまうので、風が直接あたらないように工夫しましょう。

扇風機も併用することでクーラーの設定温度が高めでも快適に過ごすことができるので、是非試してみましょう(^^♪

まとめ

今回は夏バテの特徴と、夏バテの原因、そして夏バテにならないコツを紹介してきました。

寒暖差があまり発生しないようにということに注意して、暑い夏場を乗り切っていきましょう!!

ちなみに、夏場も快適に過ごせ、腰痛の改善効果があるマットレスとして、モットンがオススメです。

気になる人は下記URLで確認しましょう(^^♪

⇒【モットン】で最高の睡眠環境を!!

-お役立ち情報
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

寝る前に飲みたい、リラックスできる飲み物

生活の3分の1をしめる睡眠。日によっては良く眠れず、疲れを持ち越してしまうことも… 睡眠には日中のストレスや自律神経が大きく影響しています。 しかし、寝る前にリラックスして寝入ることができれば、睡眠の …

布団のカビ対策はすのこが一番!どんなものがある?

布団を使っていて一番気になるのはカビ。布団やカーペットといったものは裏面に湿気が溜まりやすく、カビが発生しやすいです。 特に布団を直接フローリングに敷いている場合は、ベッドに敷いている場合と比べて、カ …

夜行バスで少しでも良く眠るのにオススメの睡眠グッズ

夜行バスでの大きな悩みといえば睡眠。 夜行バスの睡眠に関するアンケートを取ったところ、約8割の人が眠れない、寝てもすぐに目覚めてしまう…と回答しています。 実際、普段と違う環境であるため、眠りにくくな …

布団にカビが生える…そんなアナタに対策法を伝授!!

今まで、布団にカビが生えてしまった…ということはありませんか? カビは人間に有害なことが多く、肺疾患やアレルギーといった症状を引き起こすことも… 特に小さいお子さんがいたりすると、カビの影響を受けやす …

夜行バスで眠れない…そんな時に良く眠るコツは?

夜行バスや、飛行機の長距離便での大きな悩みといえば睡眠。 夜行バスについてのアンケートをとったところ、約8割の人が眠れない、途中ですぐ目が覚める…と回答しています。 そんな悩みを少しでも解消するため、 …