腰痛対策マットレス最前線!!

腰痛に効果がある高反発マットレスの特徴をランキング形式でまとめています!!

お役立ち情報

布団にカビが生える…そんなアナタに対策法を伝授!!

投稿日:

Pocket

今まで、布団にカビが生えてしまった…ということはありませんか?

カビは人間に有害なことが多く、肺疾患やアレルギーといった症状を引き起こすことも…

特に小さいお子さんがいたりすると、カビの影響を受けやすいので、しっかりケアをしたいもの。

今回は布団にカビが生えないようにするための対策と、生えたときに被害を最小限にする方法を紹介していきます!!

なんで、布団にカビが生えやすいの?

布団の他、風呂場でもカビは生えやすいですよね。ということは、その環境がカビにとって繁殖しやすいということ。

カビが発生する環境は、湿度65%以上、温度20~25℃程度と言われています。

そして、「温度」「湿度」「栄養分」の条件が整うことで、どんどん繁殖していくのです。

布団は元々、人が寝ることで「温度」「湿度」の条件が整いやすい上、ホコリや髪の毛といった栄養分が供給されやすいので、カビが繁殖しやすいです。

布団のフローリング直置きはカビ発生リスクを高めます

布団単体でもカビが発生しやすいですが、フローリングに直置きするとカビが発生しやすいです。

これは布団以外に絨毯やマットを敷いた場合でも同じです。

フローリングと布団の間に湿気が溜まりやすく、人が温度と栄養分をガンガン供給してしまうからなのですね。

定期的に布団を干すことが一番カビ対策には有効ですが、もしフローリングなどにカビを見つけてしまった場合はどうすれば…

次はその対策を紹介します。

直接掃除機をかけるのはNG!その理由は?

フローリングにカビが生えている。そんな時、慌てて掃除機などで処理したくなりますよね。ただ、掃除機で吸い取るのはNGなのです。

掃除機の排気やヘッドの移動などで、カビの奉仕を部屋中に巻き上げてしまうことになります。つまり、第2、第3のカビ発生リスクを上げるだけではなく、胞子を吸い込むことによる健康リスクが出てきてしまうのです。

じゃあ、どうすれば良いの?という時に活躍するのが、フローリングワイパー。胞子を静かにふき取って除去すれば、被害を最小限に抑えることができます。雑巾などを使ってもOKです。

掃除機をかけるならその後にしましょう。

ふき取ってもカビが残る…そんなときは?

発生したばかりのカビなら簡単に取れますが、成長して根を張ったカビは取れにくくなってしまいます…

そんな時は、無水エタノールを80%に希釈し(無水エタノール:水=8:2)、カビ部分に霧吹きなどで吹きかけた後にしっかりとふき取ります。

ただ、それ以上のことを無理してやろうとすると、フローリングを傷つけるリスクが高くなってしまうので、潔く業者に相談するのがベターです。

布団にカビがある場合も、自力で取り除くのは難しく、布団を傷つけるリスクが高いです。こっちも業者に相談するか、潔く新しいマットレスを選ぶのがオススメです。

通気性の良いマットレス、モットンとは?

カビの発生が怖い…そんなあなたに有効な対策を紹介

ここまでカビが発生した場合の対策方法を紹介しました。とはいえ、表面のカビは除去できても、カビの根や毒素といった見えない部分は取れていないかもしれません…

一番有効なのが、そもそもカビが発生しないようにすること。

そこで、カビを発生させないための対策を紹介していきます。

最初に、湿気が逃がしやすい環境を作ろう!

最初にやっておきたいのが、湿気を逃がしやすい環境作り。この環境を作っておけば、カビの発生率がグンと下がります。

その対策方法が、

  • すのこタイプのベットを使用
  • 吸湿敷きパットを床と布団の間に敷く

です。

何よりも大事なのが、裏面の通気性を確保すること。

カビの主な原因はフローリングと布団の裏面の間に湿気が溜まることなので、そこを乾燥させてやることが一番効果的です。

スノコはその役割をしっかりと果たしてくれるので、最適♪

スノコが無い場合でも、吸湿タイプの敷きパットを使えば、かなり環境が良くなります。乾かせば再利用でき、経済的な敷きパットも多いので、是非ためしてください。

環境だけで安心はNG!ちゃんとメンテナンスもしよう!!

今まで紹介した方法だけで安心していませんか?実は、ここから紹介するメンテナンスの方が重要。

カビを防ぐには、壁に立て掛けるなどの陰干しがポイント。そうすることで、溜まりやすい裏面の湿気をしっかり逃がすことができます。

さらに、ホコリや髪の毛があったらマメに掃除をしましょう。こうすれば、カビの繁殖に必要な栄養分を与えずに済みます。

ちょっとおまけ。布団を更に長持ちさせるもう一つの要素

ここまでカビ発生を予防する方法を紹介してきました。

カビ予防は、布団を長持ちさせる要素の大部分を占めますが、もう一つ長持ちさせる方法があるのです。

それは布団の上下をひっくり返すこと。

これは、体の頭側と足側で体重のかかり方が違うので、上下をひっくり返すことでバランス良く使っていくことを考えた方法です(車でいうとタイヤローテーションと同じイメージです)。

これもはっきりとした頻度の決まりは無いのですが、布団を陰干しするためにマットレスを動かすタイミングで行うのがやりやすいと思います!!

まとめ

今回はカビが発生した時の対策と、カビ予防について紹介してきました。

一度カビが発生すると対応が難しいので、何よりも発生させないように対策をしっかり打っていきましょう。

ちなみに、通気性の良いマットレスとして、モットンがオススメです。

気になる人は下記URLで確認しましょう(^^♪

⇒【モットン】で最高の睡眠環境を!!

アナタに快適な睡眠を…

-お役立ち情報
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

その寝室、本当に快眠できますか??

人生の3分の1以上を過ごす寝室。あなたは本当にしっかり眠れていますか? 睡眠不足に悩む人は多く、最近では「睡眠負債」といった言葉が出てくるなど、注目されています。 日中のストレスなどが睡眠に影響する。 …

布団のホコリには掃除機が有効、けど使い方を間違えると…

皆さんは布団に溜まったホコリをどうやって除去していますか? 布団たたきを使っている人も多いと思います。しかし、掃除機の方が効果が高いことが分かってきました。 そんな掃除機ですが、正しい使い方をしないと …

寝る前に飲みたい、リラックスできる飲み物

生活の3分の1をしめる睡眠。日によっては良く眠れず、疲れを持ち越してしまうことも… 睡眠には日中のストレスや自律神経が大きく影響しています。 しかし、寝る前にリラックスして寝入ることができれば、睡眠の …

夜行バスで少しでも良く眠るのにオススメの睡眠グッズ

夜行バスでの大きな悩みといえば睡眠。 夜行バスの睡眠に関するアンケートを取ったところ、約8割の人が眠れない、寝てもすぐに目覚めてしまう…と回答しています。 実際、普段と違う環境であるため、眠りにくくな …

布団のカビにも重曹が効く!その方法とカビ予防法を教えます!

みなさんは、布団にカビが生えてしまった…といったことはありませんか? 空気中には数個~数千個のカビ胞子が浮遊しているといわれ、「温度」「湿度」「栄養分」の要素が揃ってしまうと、そこに定着してどんどん増 …