腰痛対策マットレス最前線!!

腰痛に効果がある高反発マットレスの特徴をランキング形式でまとめています!!

お役立ち情報

布団のホコリには掃除機が有効、けど使い方を間違えると…

投稿日:

Pocket

皆さんは布団に溜まったホコリをどうやって除去していますか?

布団たたきを使っている人も多いと思います。しかし、掃除機の方が効果が高いことが分かってきました。

そんな掃除機ですが、正しい使い方をしないと、あまり効果が無いという事態になってしまいます…

今回は、そんな掃除機の正しい使い方を紹介していきます。

布団に掃除機を使う時のチェックポイント

布団のホコリを払うのに布団たたきを使う人も多いと思います。しかし、布団たたきは叩いた周辺の一部のホコリしか除去できません。

他にも布団にダメージを与えたり、騒音問題といった問題を引き起すことも分かっています。

なので、掃除機を使うのが良いのですが、正しい使い方をしないと、その効果が殆どでなくなってしまいます…

そのポイントですが、

  • 週1回以上掃除機をかける
  • ゆっくりしっかり掃除機をかける
  • 掃除機のゴミをまめに捨てる
  • こまめにカバーを替える
  • 換気をする

といったものです。

ここから、各チェックポイントの詳細を説明していきます。

なぜ週1回以上掃除機をかける必要があるの?

さて、なぜ週1回以上がポイントになるのでしょうか?

家庭には5種類程度のダニが生息しているといわれています。その中、布団に生息するダニのほとんどが「チリダニ」というものです。

チリダニの寿命は65日で、その間に1匹あたり50個の卵を産みます。そんな形で繁殖スピードが速く、数が多いと掃除機だけでの除去が困難になります。

なので1週間に1度、サボっても2週間に1度は掃除機をかけるようにしましょう。

(週1なら習慣に組み込みやすいというのも理由の一つです)

ゆっくりしっかり掃除機をかける理由は?

布団は、床やフローリングといった場所に比較して、更にゆっくりしっかりと掃除機をかける必要があります。

床やフローリングのレベルの吸引でも、ダニの死骸やフンといったものは除去できます。しかし、布団にしっかりくっついている生きたダニの除去はできません。

ダニは、かぎ爪や吸盤のカタチをした足先で掃除機の吸引力に抵抗するのです。そのため、短時間で何往復させるよりも、吸引力を最大にして同じ場所で長めに掃除機を当てた方が効果的にダニを除去することができます。

それが、ゆっくりしっかり掃除機をかける理由です。

掃除機のゴミをまめに捨てる

掃除機のゴミを一杯になるまで使い続けるといったことをしていませんか?

掃除機で吸い取ったホコリはダニにとってエサの宝庫。人間のアカやフケ、食べ物のカスといった、ダニにとっての栄養分が大量に存在します。

掃除パックをそのままにするとダニがどんどん繁殖してしまいます。

排気フィルターの性能が低く、ホコリが舞い上がるようなものだと、いくら掃除してもダニを部屋に拡散させることになり逆効果になってしまいます。

掃除機のゴミはまめに捨てるようにして、ダニをまき散らすなんてことにならないように注意しましょう。

睡眠環境の向上に効く、こまめなシーツ交換

布団カバーやシーツは身体に直接触れるということもあり、よりホコリを溜めやすいです。なのでこまめな交換が清潔に保つポイントになります。

肌に直接触れる場所ということもあるので、週1を目途にシーツの交換・洗濯をするようにしましょう。

締めっぱなしはNG、定期的に換気をしましょう

布団が置かれる寝室はどうしてもホコリが発生しやすいです。1日10分といった短時間でも良いので換気をして空気中のホコリを外に逃がすようにしましょう。

朝起きて出かけるまでの間といった感じでもできるので、比較的簡単にできるのではないでしょうか?

窓が無い、空気の流れが悪いといった場合は、空気清浄機などを使うのもオススメです。

まとめ

今回はホコリ除去に効果的な掃除機の使い方や、布団を清潔に保つための方法を紹介してきました。

ダニなどが増えてしまうと、喘息やアレルギーといった健康被害が出てしまう場合もあるので、少し大変ですが、清潔な状態をキープするようにしていきましょう♪

ちなみに、ホコリの発生が少なく、寝室環境をレベルアップさせるマットレスとして、オクタスプリングがオススメです。

気になる人は下記URLで確認しましょう(^^♪

⇒オクタスプリングを確認しよう♪ 

この記事があなたの快眠に繋がれば幸いです!

-お役立ち情報
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

寝る前のリラックスタイムにおすすめのストレッチ

生活の3分の1を占める睡眠。だからこそ上質な睡眠をキープしたいもの。 しかし、日によっては良く眠れずに疲れを持ち越してしまうことも… 睡眠は日中のストレスや自律神経の働きが大きく関わってくるので、そう …

カビやすいフローリング…そんな対策は?

布団のお手入れが面倒で万年床になっていませんか? そんな状態で放置していたら、いつの間にかカビが生えてきた…といったことはありませんか? フローリングに対して布団を敷いていると、湿気の逃げ道がないこと …

リラックスには香りが重要!寝室のレべルを上げるアロマオイル

人生の3分の1以上を過ごす寝室。あなたは本当にしっかり眠れていますか? そんな寝室なので、睡眠の大部分の要素を占めています。 しかし、周りの音や臭いなどが気になって眠れない…なんてことはありませんか? …

夜行バスで少しでも良く眠るのにオススメの睡眠グッズ

夜行バスでの大きな悩みといえば睡眠。 夜行バスの睡眠に関するアンケートを取ったところ、約8割の人が眠れない、寝てもすぐに目覚めてしまう…と回答しています。 実際、普段と違う環境であるため、眠りにくくな …

睡眠不足は夏バテのもと?夏バテにならないための対策は??

みなさんは夏バテで苦労したことはありませんか? 日本の夏は高温多湿なので、体に大きな負担がかかり体の働きが正常に機能しなくなって夏バテの症状が出てきます。 その症状を単純にいうと、自律神経の切り替えが …